2010年04月02日

トヨタ紡織、会長にダイハツの箕浦社長(レスポンス)

トヨタ紡織は、ダイハツ工業の箕浦輝幸社長が代表権を持つ会長に就任すると発表した。6月下旬開催予定の定時株主総会とその後の取締役会で正式に就任する。

浦西徳一会長は退任する。

箕浦氏は、慶応義塾大商学部卒でトヨタ自動車工業に入社し、トヨタモーターマニュファクチャリングノースアメリカの社長などを経て1998年に取締役、2002年に常務、2003年に専務、2004年にダイハツ工業の副社長、2005年に社長に就任した。66歳。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
ダイハツ、伊奈副社長の社長昇格を正式発表
【トップインタビュー】私の自動車ビジネス革命…豊田章男 トヨタ自動車社長
日本ビクター、社長を外部から招聘…フロントランナーの伊藤社長
トヨタ紡織 特別編集
ダイハツ工業 特別編集

谷垣総裁「抑止力維持と負担軽減の両立の唯一の解は現行案」(産経新聞)
【土・日曜日に書く】論説副委員長・高畑昭男 「密約以後」に問われる誠実さ(産経新聞)
<国立大>法人化後医系・文系で研究の質低下 学部長調査(毎日新聞)
生きものが共存−田んぼは「命のゆりかご」(産経新聞)
菅家さん無罪確定 「別の被害者救済へ戦う」(産経新聞)
posted by セキド シロウ at 20:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。